【通信講座なら】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
⇒詳細はこちら



【通学講座なら】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなり、時間の自由はきかないので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。
⇒詳細はこちら

仕方ない…社会保険労務士試験でも受けますか

まずは試験の概要をチェックすることからスタート

社会保険労務士の資格を取得しようと決意したものの、どのような試験を受ければ取得できるのか、私にはまったく知識がない。そもそも試験はいつ行われるのだろう……。今からでも間に合うのか?
そこで、手っ取り早くインターネットで情報を入手。
社労士試験のオフィシャルページには、以下のような概要が記されていた。

社会保険労務士・試験概要

●受験資格

①大学の一般教養程度の学歴 ②実務経験 ③そのほかの国家資格合格等、下に記したような3つの条件の内、いずれか1つに該当すること。

大学の一般教養科目終了者、短大・高専の卒業者
②公務員で労働社会保険諸法令の事務に従事した期間が通算して3年以上、または行政事務に3年以上従事した者、民間企業や労働組合等で労務担当や労働社会保険諸法令の事務に通算3年以上従事した者
行政書士、司法試験2次試験、税理士試験、弁理士試験、公認会計士試験等の試験に合格し一定の資格を持っている者

●試験日程

例年8月の第4日曜
※申し込みは例年4月中旬から5月末となっている。

●試験科目

法令7科目+一般常識で、全8科目

  1. 労働基準法および労働安全衛生法
  2. 労働者災害補償保険法
  3. 雇用保険法
  4. 労働保険の保険料の徴収等に関する法律
  5. 健康保険法
  6. 国民年金法
  7. 厚生年金保険法
  8. 労務管理その他の労働および社会保険に関する一般常識

※それぞれの科目について、5肢択一問題と複数の単語の中から正解を選択して穴埋めする選択問題が出題される

●合格基準

合格基準は毎年異なり、以下に記したふたつの条件を満たした者が合格となる

平成21年度の合格基準の例

  1. 選択式試験は、総得点25点以上かつ各科目3点以上(ただし、労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、厚生年金保険法は2点以上)である者
  2. 択一式試験は、総得点44点以上かつ各科目4点以上である者

私が上記の試験概要を確認したのは5月。その年の試験にはどう考えても間に合わないが、翌年の8月の試験までと考えると1年余りの時間がある。
私は短大卒なので、受験資格はクリアしているようだし、後は仕事と両立しながらどうやって試験勉強を行うかが問題だ。
そして、社会保険労務士試験とは、そもそもどのような内容の試験なのだろうか。試験の研究をすることから、私の受験生活は始まった。


★6カ月合格カリキュラムの社会保険労務士通信教育⇒
http://www.foresight.jp/sharoushi/
★通学講座なら 資格の学校TAC ⇒ http://www.tac-school.co.jp/