【通信講座なら】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
⇒詳細はこちら



【通学講座なら】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなり、時間の自由はきかないので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。
⇒詳細はこちら

社会保険労務士試験を分析! 選択式試験編

選択式は落ち着いて解いて確実に得点を稼げ!

社会保険労務士試験についてさらに調べてみると、試験は午前と午後とに分けて行われるということが分かった。
午前は選択式試験(80分)、午後は択一式試験(210分)が行われる。
まずは、午前の部・選択式試験から分析してみた。

社会保険労務士試験・選択式試験の内容

ひとつの問題文の中に(  )が5つあり、それを適切な語句で埋める、いわゆる穴埋め問題。語句は20個の選択肢の中から選ぶ。
1科目につき1問ずつ8科目出題され、1問の中に5つの(  )があるので、全部で40個の(  )を埋めればよいということになる。ちなみに配点は(  )1つが1点で40点満点。
試験時間は80分なので1問解くのに10分、ひとつの(  )に2分の時間が与えられている。落ち着いて解ければ、比較的得点できそうな試験のようだ。

さらに、科目と出題数について調べてみると、以下の表のような結果となった。

  試験科目 出題数・(  )の数 合格ライン
労働基準法
労働安全衛生法(安衛法)
労働基準法 3問
安衛法 2問
合わせて3点以上
労働者災害補償保険法 5問 3点以上
雇用保険法 5問 3点以上
労働保険料徴収法 近年は出題なし  
健康保険法 5問 3点以上
国民年金法 5問 3点以上
厚生年金保険法 5問 3点以上
労働に関する一般常識
社会保険に関する一般常識
労働 5問
社会保険 5問
合わせて3点以上

ポイントは、試験科目に指定されていながら、近年は労働保険料徴収法からの出題がないということだ。代わりに、8科目目の一般常識からは労働と社会保険に分けてそれぞれ出題されている。
ということは、選択試験に関しては徴収法にそれほど力を入れる必要はないが、一般常識はしっかり学んでおく必要がある、ということが言えるのだろう。
ちなみに、合格基準は各科目3点以上と定められているが、8科目すべてで3点を取っても合格とはならない。
選択試験の合計得点は28点以上とさらに規定されているからだ。
全科目を抜かりなく得点するだけではなく、得意科目を作って得点を伸ばすことが合格の必須条件となってくるようだ。


★短期合格の社労士テキストなら、私はこれがおすすめ。⇒
http://www.foresight.jp/sharoushi/