【通信講座なら】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
⇒詳細はこちら



【通学講座なら】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなり、時間の自由はきかないので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。
⇒詳細はこちら

社会保険労務士試験を分析! 択一式試験編

長時間を乗り切る集中力と長文読解力をトレーニングせよ!

さて、午後の部・択一式試験はどのようなものなのだろう。
制限時間210分という長さが気になる。3時間30分もの間、休まずに問題を解き続けることなど、果たして私にできるだろうか……。
とりあえず、試験の内容を調べてみることにした。

社会保険労務士試験・択一式試験の内容

問題ごとに5つの文章が並んでいて、その中から正しいものを1つ選ぶという問題形式。
択一式試験の場合は、試験科目に労働保険料徴収法が指定されておらず、名目上は全部で7科目から出題されることになっている。
1科目につき10問出題されるので、全部で70問だ。
ということは、1問に5つの文章が出てくるから、350の文章を読み解かなければならないということになる。しかも、長文問題が多い。
ところが、制限時間は210分であることから計算すると、1問につき3分の時間しか与えられていない。3分で5つの長文を読んで正しいものを選び、その作業を3時間30分続けなければならないのである。かなりハードな試験だ。

科目と出題数について調べると、以下の表のようになった。

  試験科目 出題数 合格ライン
労働基準法
労働安全衛生法(安衛法)
労働基準法 7問
安衛法 3問
合わせて4点以上
労働者災害補償保険法
(労災保険法)
労災保険法 7問
(+徴収法 3問)
合わせて4点以上
雇用保険法 雇用保険法 7問
(+徴収法 3問)
合わせて4点以上
  労働保険料徴収法
(徴収法)
名目上は出題なし  
健康保険法 10問 4点以上
国民年金法 10問 4点以上
厚生年金保険法 10問 4点以上
労働に関する一般常識
社会保険に関する一般常識
労働 5問
社会保険 5問
合わせて4点以上

労働保険料徴収法は、名目上は出題科目にはなっていないが、実は労災保険法と雇用保険法の問題の中に混ぜて出題されている。
徴収法もきちんと対策を立てておく必要がありそうだ。
択一式試験の場合も2重の合格ラインが設けてあり、各科目4点以上でさらに合計得点が44~45点以上となっている。
各科目で最低ラインの4点を取っていたとしても、たったの28点にしかならないので、残り16~17点はどこか得意科目で稼いでおかなければならない。
得意科目や易しい問題を不注意で落とさないようにすることと、不得意科目を作らないようにする必要がありそうだ。しかも、長時間の長文の速読にも慣れておく必要がある。
合格までは長い道のりになりそうだなあ……。


独学に自信がなければ、通信教育か通学講座を使いましょう

★6カ月合格カリキュラムの社会保険労務士通信教育⇒
http://www.foresight.jp/sharoushi/
★通学講座なら 資格の学校TAC ⇒ http://www.tac-school.co.jp/