【通信講座なら】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
⇒詳細はこちら



【通学講座なら】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなり、時間の自由はきかないので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。
⇒詳細はこちら

私を救った通信講座

フォーサイトの通信講座が私を合格へと導いた

数多くの通信講座の中から、私が選択したのはフォーサイトという会社の講座だった。聞きなれない社名に初めは半信半疑だったが、とりあえず資料請求をしてみたところ、すぐに無料でテキストとDVDのサンプルを送ってくれたのだ。
フォーサイトの社会保険労務士講座

フォーサイトのテキストは、フルカラーで重要項目が目に飛び込みやすいし、モノクロのものより刺激が強いので記憶にも残りやすい。
しかも、内容が合格ラインのギリギリところまで絞り込まれていて、厳選した内容を何度も反復して学習できるようにカリキュラムが組まれている。
サンプルをぱらぱらとめくってみて、このテキストなら私にでも続けられるかも!という印象を持った。
講義DVDは、他講座でよく見られる通学生向けの講義を固定カメラで撮影したものとは質が違う。専用スタジオで撮影しているとかで、画質も音質もはっきりしていて、何より黒板やホワイトボードを使わないところが良かった。
講師の背後にある大画面のモニターに必要な語句が映し出されるので、講師が板書する無駄な時間がなく、しかも見やすい。

これだけの工夫が凝らされた内容なら、受講料はかなり高額なのでは?と思って資料を確かめると、意外と良心的な価格だった。
社会保険労務士講座の場合、テキストが一式揃った基礎講座+過去問講座+直前対策もセットになって10万円ちょっと。
15万円前後を予想していた私は、少し拍子抜けだった。

さっそくフォーサイトへ申し込みをしたのは、試験を受ける前年の10月。
申し込み後、すぐに入門編や労働関係のテキストが送られてきたので、カリキュラム通りに反復学習を開始した。
年内は労働関係のテキストと過去問を何度も繰り返し学習し、翌年の2月には社会保険関係のテキストと過去問が順次送られてきて、さらに学習。
出社前の朝学習と昼休みの学習に加えて、受講生が利用できるパソコンのEラーニングを使い、業務中にもこっそり勉強を続けたのだった。

フォーサイトのカリキュラムは、飽きずに何度も反復学習できるように工夫されていて、問題集も簡単なものから徐々にステップアップするよう作られている。段階を踏んで徐々に知識を吸収し、問題を解いて正解する喜びを感じながら学習が進められるので、にわかには信じられないかもしれないが、試験勉強することがだんだん苦痛ではなくなってきたのだ。
この変化には自分でも驚きだった。

こうして試験勉強を重ねた私は、この年の8月、ついに社会保険労務士の試験を受験した。直前対策で本番のリハーサルもばっちり。万全を期しての挑戦だった。試験には落ち着いて臨み、それなりに手ごたえを感じることができた。

そして、11月には念願の合格証書を受け取ったのだった。


フォーサイトには、感謝してもしきれない。